5月2日 旅のはじまり
14 5-2-1 14 5-2-6 14 5-2-2
電車でのんびり1人旅
外を眺めたり、本を読んだり、寝たり。
揺られること8時間、鹿角花輪駅に迎えに来てくれた妹とスーパーで買い出しをして八幡平アスピーテラインへ。
モヤモヤした天気と涙が出るほどの笑い話で視界不良の中、雪の回廊の運転は大変だったはず。
乳白色のお湯が特徴の松川温泉へ。露天からの眺めは山肌はまだ白く冬の景色。

14 5-2-4
岩手山。
2人で「カッコイイ」を連発!安比高原から岩手山までの50km縦走(2泊3日)のコースが
あるそうだ。いずれ挑戦してみたいと妹。いずれ自分も。

14 5-2-5

部屋につくとすぐさま夕飯の準備。外食より体に優しい自炊を好むお年頃。
鳥唐揚げ薬味醤油かけ・海老と野菜のバジル炒め・和風大根サラダ明太マヨ掛け・香草ソーセージ(焼くだけ)そして妹が作ってくれた生春巻き(超旨し)で乾杯!
本題と山話で日付が変わるまで盛り上がる。


5月3日
安比高原スキー場 
14 5-3-1 14 5-3-2 14 5-3-3

あっちぇ日となりました~ウエアを着ずに滑りました~春ボードだわ~
あー雪上はこんなも気持ちよく楽しい!
安比は7:3か6:4くらいでスキーヤーが多いです。ポスターもH.Pもスキーヤーですからね。
スキーヤーが作ったこぶをたやすく滑っていたボーダーの女性陣がいました。妹が安比のイントラだと教えてくれました。私も無謀にも入ってみましたが撃沈!
ここを流れるように滑れたらどんなにか板や滑りを自分のものに出来るでしょう。
今季33回目ラストラン。私の人生にスノーボードがあることに感謝です!


5月4日
14 5-4-1
午前中に弟家族に会い、可愛すぎる姪っこ甥っこにデレデレ。

14 5-4-3 14 5-4-4 14 5-4-5
滝コの母と弟と滝めぐり。春の滝や渓流は穏やかでした~。
川原の苔で滑ってびちょびちょになった人がいました(…オレ


14 5-4-6

夕食は地元の友と飲みへ。半個室で静かに話せるのが気に入っていたお店ですがこの日は居酒屋並みに騒がしかった。それでも4時間以上は話しこんだけどね。
人のことは分かっても自分のことって分からない。だから自分には素直にならないとね。


5月5日
ひたすら移動の日
例年通り会えた家族や友達。変わらないことを嬉しく思い、でもいつかは変わっちゃうんだろうね。
でも私は変わらないよ。だからずっとこれからも帰省したら遊んでね。

2014年05月05日 | 未分類 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)