まんず楽しみだじゃ遠征

5日 帰郷
14 7-5-1 14 7-5-2 14 7-5-3
行きはオール鈍行
車窓から青に浮かぶ粟島が見えます。
お昼に秋田横手市で1時間の待ち合わせを利用してB級グルメで有名になった横手焼そばを頂きました。
そばにちぢれがなく、ソースがドロッとした感じでしたー。卵によく合います。

14 7-5-4
実家に着くとキュウリの収穫で忙しくしている両親を私も少し手伝いましたー


6日 早池峰山登山(1917m)
午前晴れ、昼から曇
河原の坊(登り3時間30分)ー山頂ー小田越(下り2時間)コース

安比からの妹と登り口のある大迫町で落ち合い、早池峰山へ
シーズン中で交通規制があり麓駐車場から有料シャトルバスに乗ります
乗る予定にしていたバスが30分後れで到着。3台のバスはスシ詰め状態。

14 7-6-1 14 7-6-2 14 7-6-25
14 7-6-3 14 7-6-6 14 7-6-7
14 7-6-8 14 7-6-9 14 7-6-10
川原を何度か横断し最初だけ日陰の森林の中を歩きます
森林を抜けると目指す山頂が目前に現れます
そそり立った頂きは俗世間から来た人間を寄せ付けさせないようにもみえます
薬師岳を眺めながら休憩
登山道のほとんどが石の瓦礫の勾配を歩きます。崩れやすく滑りやすい石の道に緊張しながらも
高山植物や奇怪な石の自然の造形や近隣の山々の景色が目を楽しませてくれます

14 7-6-12
早池峰山の固有品種ハヤチネウスユキソウ
いつも朝露をまとったようなおぼろげな感じがします

14 7-6-24 14 7-6-13 14 7-6-14
ゆっくり休憩しながらちょうど3時間30分ほどで山頂に到着しました!
早池峰山神社の前で記念撮影
残念ながら山頂は雲におおわれパノラマの景色は見れませんでしたが、
近隣の山々を眺めながらのごはんを頂きました。 気圧でぱんぱんになったカップ麺旨し!
玄米入りおにぎり4コとフルーツを私が持参し、妹は煮玉子を作ってきてくれました。

14 7-6-29 14 7-6-16 14 7-6-17 
14 7-6-18 14 7-6-19 14 7-6-28
避難小屋の管理人が、山麓で大雨注意報が出たので早めに下山するよう促されました
山頂を2時に出発、もう後続組でした。下山コースは登りコース同様石の瓦礫をひたすら歩きます
足元が常に不安定にも関わらず膝や足の疲れがほとんどなかったのが不思議でした
小田越登山口からのバスの最終便(4時20分)に乗り込んだのはほんの5、6人でした
黒雲が立ち込めてきましたが雨に当たらず下山できました。

14 7-6-20 14 7-6-21
帰りは麓の温泉場で汗を流し、盛岡市内でゆっくり夕食を済ませると
安比についたのは11時頃になりました
お疲れ様ビールとベトナム旅行のお土産のお椀を頂き就寝。


7日 白樺散策
14 7-6-22 14 7-7-2 14 7-7-3
早めに起きて朝散歩に連れていってもらいました。白樺の散策コースです
白樺の実は美味しく、熊の好物なんだそうです
生でも食べれるらしいので秋に探してみようかな
自然の仕組みなどをききつつ勉強になった散策でした

14 7-7-4
早池峰山には小学校の学年行事で一度登ったきりでした
もっとさかのぼると私が1歳の頃、父がおぶって母と登ったそうです

妹には無理なスケジュールのなか、登山や長い運転など大変だったと思いますが
ずっとこの日を楽しみにしていた姉は大変満足した旅となりました
感謝してます!! また登ろうね(^-^)

2014年07月07日 | 山歩 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)