3月11日

この頃
同僚の気遣いや
家族とのくだらない笑い
郷里からのメール
日常のいつも気に留めてなかったことに
見えないものに包まれてるような
守られてるような
そんな気がしました

ありふれた日常という土台の上で
私は滑ったり、登ったりしているんだと
その土台がゆらいだり、デコボコしたりすれば
きっと純粋に楽しむことが出来ないのだろう

その土台を一瞬にして崩され、飲み込まれ、失ってしまう
いつ、どこでも起き得る、あがなうことの出来ない災害
自然の脅威の前に完璧な防波堤など造れるのだろうか

小さい、小さい、やさしさが人を守っている

2016年03月11日 | 未分類 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)