22~23日 大石山(飯豊連峰)~頼母木小屋

先月隊長から連絡
頼母木小屋で一泊があるぞ
隊長、ワタクシ寝袋を持っておりません!
大丈夫、用意してある。
とうことで、隊長主催のマダムツアーにお供することになりました~

7:50出発
P1006613.jpg P1006619.jpg P1006625.jpg
最初からキツイ斜度が続きます
コースは変化があって好きですが、振り返った後続者はたいてい頭部が見えます


P1006628.jpg P1006631.jpg
最後の西ノ峰の登りはかなりツライですが、背後で二王子岳が声援を送ってくれます
西ノ峰で小雨が降ってきましたー
ゆっくりマダム達に合わせて12:40到着 (写真がアップすぎる…)


P1006637.jpg
マダム達は紅葉を楽しみにしてきたようで、去年は今が見ごろだったそうです(隊長談)
というか去年がすごく早かったようです(管理人談)


P1006640.jpg P1006641.jpg P1006643.jpg
頼母木小屋到着 1:40
sachi、こんな感じです。(笑)
お昼後の頼母木山までトレッキング(もう少し先まで行くと言っていた)が無しになり、かなりガッカリ(´д`) ー。 
お昼を食べて間もない4:00に早々と夕飯の支度となる

持ち寄った肉と野菜で焼き肉大会(4回くらい焼いた)途中獲得した天然の舞茸もジュージュー焼かれる。
ビール、焼酎、日本酒、梅酒(3年もの)など、出てくる出てくる!
マダムの中には70近い方もいてビックリ!昨日は9時まで卓球しててあまり寝てないといい、
来週はマラソン大会とか、八ヶ岳行くとか、100名山制覇したとか、海外の山を登ったとか、
皆さんすごい…(゚∀゚;)‼
神奈川から来たもう1組に何度も謝りつつ、(ほとんど意味ない)大爆笑の大宴会。
しかもこのマダム達は、よく米山でも泊まるそうで
「米山って日帰り出来る山なんですよね?」と聞くと
「そう、買物して夕方登って泊まって(宴会して)帰ってくるの」
誘われましたが、とてもそんな上級者の遊びは出来ないと丁重にお断りしました(^^;
そして私は悟りました、このツアーの真の目的がこの宴会にあったことを!


2時間の大宴会が終わり片付けをして6時半に歯磨きをしながら
こんな時間に歯磨きできるっていいなーと思った
日が暮れる前に夕飯の準備をし、日が暮れると夕飯を食べて寝て、日の出と共に起きる
電気がなければ自然とそういう暮らしになり、それが人の体にも合ってるような気がした


P1006644.jpg
戻ると2次会に数人連行

P1006646.jpg P1006647.jpg
小屋と離れた管理人部屋
隊長はこの管理人Kさんと懇意でこの日に登りたかったらしい(明日に交代)
明日門内小屋の管理をする方も今日立ち寄ったそうです
お通しの闇鍋はトマト味のリゾットと洒落ておりました~
10代の頃から山小屋の管理に携わり、下越中の山道のない山々も登ったそうです。
8時過ぎにおいとまし、就寝。


P1006650.jpg P1006648.jpg P1006649.jpg
隊長から頂いたごはんに、チーズと梅干をトッピング、持参のおかずや玄米コーヒーを頂きました~。
水の豊富な頼母木小屋、助かります。

P1006661.jpg P1006635.jpg P1006666.jpg
翌朝も小雨で、楽しみしていた朳差岳も断念、私がガッカリしていると
昨日飯豊山のいろんなコースを教えてくれたマダムが
たった2回なんでしょ、また来て何度も登りなさい!とおっしゃってくださいました。
可憐に咲く花たちや先に色づいた紅葉も目を楽しませてくれました。

P1006667.jpg P1006670.jpg P1006674.jpg
下りは木の根で滑らないように気を張って下らないといけません
何度も隊長に注意され、無事に下山できました(半回転した)

以前妹と登った時に、晴れてる時は「あー良かったね」で終わるけど
天気が悪い時はいろいろと学ぶことがあるという話を思い出しました

飯豊山の魅力は稜線歩き、つまりは縦走だと思うのです。
今回は大荷物を担いで泊まっただけの修行登山となりましたがとても良い経験となりました
先輩方のバイタリティーあふれる充実した生き方など学ぶことがたくさんありました(^-^) 

帰りはお楽しみ!ロイヤルパークホテル内の温泉で温まりました~
泉質が良く展望風呂があり、胎内スキー場が見えました。
冬にきてもいいですね(^-^)v 

2016年09月24日 | 山歩 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)