朝から感動してしまった

NHK新日曜美術館
3年前に外国で事故により亡くなった娘の肖像画を
依頼された画家 諏訪敦(43歳)
両親は生前の明るく前向きな娘がよみがえることを望んだが
画家が苦悩の末描いたのは
静寂な中で優しく見守るような微笑をたたえた姿だった

あまり興味のない現代画しかも写実
けれど私は生まれて初めて
画を見て涙してしまった
ドキュメンタリーな内容だったせいもある
画は彼女そのものと両親への想いとが描き出され
感動的な芸術となってよみがえっていた。

2011年06月26日 | 未分類 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)