ゆとり

結局義母の入院先は市民病院になった
午前に入院手続きをして午後から出社

看護士さんの対応がとても親切に感じた
表情もとても明るい(地元病院比)

2週間前に外来で来たときも同じように思った
そして少し驚いた
人が多い
患者さんではない

正面玄関に警備員
風除室に係員
総合案内に2人
ロビーにキャビンアテンダントのようなオネーサン
新患受付のカウンターの外にも係りのオネーサン
入院案内専用窓口に5人
採血の受付係りに3人
病院のキャパ以上にスタッフが多く対応に余裕を感じた
特別な環境が許せるゆとりなのかもしれない

どの企業も人件費を削り一人当たりの負担が多い
だから働いてる人の気持ちにゆとりがない 
そのくせサービス向上を求められる
言葉だけ親切で声に余裕のないことはよくあることで
サービスを受ける方もそれに慣れてしまった

先日、風除室係の女性がわざわざ追いかけて来て
近くに車が止めらるので母に中で待ってるように促してくれた

人柄もある、けれど企業の姿勢と雇用環境によるところも大きいと思う。

2012年04月04日 | 未分類 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)