五頭山 三ノ峰コース

13 10-27-1 13 10-27-2 13 10-27-3
午後から用事がるので昼前に下山できる山といえばいつもの菩提寺山ですが
朝起きて雨が降ってなければ五頭山のコースでは最短である三ノ峰コースを
登ろうと思い立ちました。前日にコースマップやPC検索で風景などの画像を頭に叩き込む。

AM8:00 
登り口前の橋から渓谷が見えました 葉が色づくと見事な景観になるでしょう
三ノ峰コースは最初の階段だけがきつく後はとても登りやすい山でした。

13 10-27-4 13 10-27-5 13 10-27-6
五合目ではVIP待遇の赤絨毯のようなウッドチップのふかふかの広幅の道が出現!

13 10-27-7 13 10-27-8 13 10-27-9
13 10-27-10 13 10-27-11 13 10-27-12
紅葉を堪能しながら歩いていましたが、7合目過ぎた頃に急な雨風に遭遇。
ウィンドブレーカーを着てザックにカバーを掛けて下山しました。
下山途中に小止みになりどうしようか迷っていたところ、登ったきた翁に「大丈夫ですよ」
と言われ、自分の装備などを相談すると「そう土砂降りにはならないでしょう」と言われたので
翁の先導で登ることにしました。翁は80歳でエベレストに登頂した三浦氏に少し似ています。

13 10-27-13 13 10-27-14 13 10-27-15
三ノ峰には予定より30分送れで10時到着。やはり景色は望めませんでした。
三浦氏似の翁は一ノ峰に向かい、私は三ノ峰のドーム型の小屋で休憩しました。
山頂の気温は7度位でした。
持参のホットココアとラスクをパクつき、少し休んで出ると一ノ峰から戻った翁にまた会いました

私は下山にすごく時間がかかります。パンフなどの下山の所要時間を見ると
登りの2/3位の所要時間になっていますがいつも登り時間と15分位しか変わりませんでした。
なので今日も下山時間を登りと同じ位に見てました。
今日はこの三浦氏に着いて下山してみようと思いました。
三浦氏は頂上から登り口まで、すれ違う人を待つ意外は歩みを止めず一気に下山しました。
濡れた落ち葉や木の根など滑ると怖いと思いましたが、何時もの2倍のスピードで下山しました
着いた時にはジェットコースターから降りたような気分でした
下山するとすぐにふもとの景色が見えるほど天気が回復しましたが景色を見る余裕はありませんでした
45分で降りたので(登りの約半分の時間)駐車場には11時10分には着きました
翁はそれでも何時もよりゆっくり降りたそうです(゚∀゚;)ヒー!
「これ位の速さで降りられれば大丈夫ですよ」と翁にお墨付きを頂きました
しかし足は((( ;゚Д゚)))ガクブルで実際大丈夫ではなかったですけどね。



友とアフタヌーンティー(無料)
13 10-27-16 13 10-27-17
新発田ガス主催の教室があるというので友に誘われ参加してみました
本日のテーマはフルーツティーの楽しみ方とうことで
マダム講師を想像していましたが、イケメンなオニーサンでした。

1時間の講習後、近くに出来たスーパーの喫茶スペースで100円のコーヒーで1時間ほど
おしゃべりし帰宅しました。

本日のプライス
100円。

2013年10月27日 | 山歩 | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

山登り楽しそう~^^
その翁。。。人間に姿を変えた山の主では!?

雪の季節までもう少しですね!

2013年10月31日 / すこんぶ #-URL【編集

>すこんぶさん

確かに!そんな感じでしたわ~(笑)

年中山にときめいてますi-80

2013年11月01日 / うた #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)